台湾で買い物した時ビニール袋はもらえないってホント?

旅行

スポンサーリンク

台湾で買い物をした時、ビニール袋はもらえません。

野うさぎです。

台湾ではコスト面への配慮や環境への取り組みとして、ビニール袋を無料で提供しないお店が結構あります。それでも袋をくれるお店もあるにはあったのですが、最近台湾での法律が変わり、この仕組みがより厳しくなったようです。

詳細は、こちらの記事に記載されています。(台湾語の記事になります。)

コンビニでは以前からこの仕組みがありました。

この法律ができる前から以前からコンビニなどでは袋はもらえませんでした。日本の買い物システムに慣れていたら「あれ?なんで袋もらえないんだろう?」と思ってしまいますよね。著者も初めて台湾のコンビニで買い物をした時、袋をもらえずオロオロして、最終的に商品数点を手づかみで持って店を後にしたことがあります。。

2018年元旦から法律変更。

台湾の環境保護庁は、いくつかのカテゴリの業種において、無料のビニール袋を提供することを禁じました。もし法律に反してビニール袋を無料で提供した場合、お店にペナルティとして罰金が科されるそうです。しかし、例外もあり、魚、肉、果物や野菜などの新鮮な食糧を入れた袋などは対象外となるようです。

台湾でも環境保全に対しての意識が高まっているようですね。

エコバッグを持って行こう。

もちろん、お店にお願いすれば袋は有料で提供してもらえます。しかし、お金がかかってしまいますし、台湾の国としての環境改善活動を応援してあげたいですよね。台湾に遊びに行く時は、エコバッグなどを持って行くことをお勧めします!

それではノシ

スポンサーリンク